結婚式二次会の服装。ブランド物を着なくても、上質に見えるコーディネイトは素敵

少々ハイソな方々が出席されている結婚式および二次会に参加しました。

本人は二人とも医師、夫側の父親は外務省勤務、海外赴任もしょっちゅう、妻側は開業医のお嬢さん、というお家の結婚式および二次会でした。出席者もそれ相応の人で、結構若い男性もタキシードをビシっと着用されている人が多かったです。そのタキシードを着た人たちのなかでも、一際目立っていた人が二次会にも来られたのですが、二次会でもとても素敵でした。

もともと背が高く、すらっとしていて、顔だちもとてもすっきりしたタイプでらっしゃったのですけど、二次会では、ピシッとしたダークグレーのスーツ、もしかしたら、どこかのブランド物かも、ですが、かすかに細いストライプが入ったようなそんな生地でできていた、そのスーツに、白のシャツをピシッと着こなしていらっしゃいました。

ネクタイはグレーベースではありますが、細かなドットが入っていて、ポケットチーフとお揃いで、さりげなくまとめてありました。シャツの袖には、ウエッジウッド系のカフスボタン、ベルトはシンプルに黒、靴もシンプルに黒の紐靴でまとめてありましたけど、これもきっと、それなりの質の良いブランドの物なのではないかと思いました。

パッと見た感じ、おとなしい感じの印象にまとめてあったのですが、すっきりとして、上質な雰囲気を感じさせるまとめ方で、常にブランド物をきないと、素敵に見えない配偶者のことを考えると、なんとなく、大きな差を感じてしまいました。

参考サイト 結婚式二次会服装男性メンズ講座